CLL会報‎ > ‎

CLLクラブ会報8月号

横田総領事ありがとうございました


            このたびご栄転おめでとうございます。3年半の任期中、日タイ友好に多大な功績を残されました。タイ語が堪能でチェンマイの各界の方々と親交が厚く、日本贔屓(ひいき)の人々を増やされました。

            総領事がチェンマイに赴任されたときは、たまたま私がCLLの代表を務めた時でもあり、又妻の上司でもあり、公私共に一番お世話になったのが私だろうと言うことで投稿の依頼が世話人よりありました。

            総領事は我々CLLのメンバーにも、外交の一助を草の根レベルで担うよういろいろ働きかけてくれました。日タイ修好120周年記念式典には、会員に踊りや歌の披露をするよう依頼があり、又CLL主催のイベント「タイ人による日本語カラオケコンテスト」を始めるよう話がありました。CLLはご存知の通り会員相互の親睦が第一の目的であり、会員も私も多分こういったことに初めて参加する人が多かったのではないかと思います。でも今までやったことのないことを一生懸命やることは若さを保つ秘訣だそうです。ご協力いただいた会員の方からは、「盆踊りなど日本でやったことはなかったが参加してみて楽しかった。」との感想もいただいております。人間は自分の好きなことをするだけでなく、人の役に立つことでより大きな満足を得ることが出来ます。会員相互の親睦だけを中心に考える会員の一部から「CLLは総領事館の下請けか?」と言った批判の声も耳に入ってきました。しかし社会にほとんど貢献していない退職者に、文化交流という社会貢献の道を作っていただいたものと感謝しております。会員には日本文化を広めていただける技能をお持ちの方も多く大変助かりました。そして今も継続されています。

            又チェンマイに在住する日本人同士のコミュニケーションを図るため、チェンマイ日本人会、北部日系企業連絡協議会、CLL、チェンライ日本人会と総領事館を核に定例連絡協議会を結成したり、ボランティアで活躍する日本人との交流会、ODAの草の根無償供与の式典への参加呼びかけ等、又タイ人との交流を図るため県、市、各役所のイベント斡旋、チェンマイ商工会議所、チェンマイ大学を始めとする各大学との交流、元日本留学生協会、医療スパ関係、マスコミ関係等々のイベントに参加要請があり、その時の人脈は今の私の宝物です。改めて感謝をすると共に、総領事の益々のご活躍をお祈り申し上げます。

木村正勝




タイ語教室紹介

1、受講者   約20名
2、開催日   毎週木曜日  中級コース 13;30~ 14;30  初級コース 14;30~ 16;30            
3、開催場所   CLL事務所
4、リーダー   高島健次さん
5、初級コース 講師 高島健次さん

タイ語は、42の子音文字と長短各9通りの母音文字から構成されており、更に特殊母音が加わり、また5通りの声調が組み合わさって、我々日本老人を大いに悩まさせています。
特に5通りの声調は、日本人に馴染みが薄いだけに当初はみんなが戸惑いますが、だんだんと慣れてもきます。初級コースでは、中子音・高子音・低子音・短母音・長母音・特殊母音・声調記号の習得と5通りの発声を勉強しています。

6、中級コース 講師 富谷泰生さん

日常生活に必要なタイ語会話を面白い例を引き合いにして楽しく学習し ています。富谷先生は、タイでの生活も長く、タイの文化にも造詣が深いので、買い物や食事の場面での会話などはもちろん、文化面・古いことわざ・新しい言葉なども、知ることができます。
みなさん熱心に学習していますので、「タイ語」に興味のある方は是非一度学習風景を見学にお越しください。

 タイ人と積極的に触れ合って「楽しいタイ語会話」が楽しめるように、一緒に学習しませんか。




NEXT >   >>