情報コーナー

7月3日(土)定例世話人
  1. 会員の動向:個人会員166名 法人会員 8社 入会申込者3名 チェンマイ不在者25名
  2. 6月度の収支会計報告があり、承認。
  3. ランナー・ジープン祭で、恒例となった「日本語カラオケコンテスト」を本年度もCLLが主催し、11月21日開催する(チェンマイ商工会議所共催)。
  4. 年会費の徴収が本年度から10~12月になるため、会員への啓蒙を図る準備開始。
  5. 下半期の第二例会時の各月のイベントが決まる。
  6. 「地区連」第一回訓練を7月17日、午前10時30分からの実施を決める。







情報コーナー


《CLL地区連初の訓練》
7月17日午前10時30分より、松山リーダーの企画のもとに実施された。緊急事態メール発信から班長の連絡状況フィードバックまで要した時間は約1時間。若干の問題が明らかになったが、初回にしては大成功と田口世話人代表が高評。

《CLLお食事会》 7月25日、ホリデー・イン・ホテルにて今年度第1回目のお食事会が、木村雅子リーダー他の担当の方々のもとに実施され、28名が参加して海鮮ビュッフェを楽しんだ。

《第一例会》 7月3日(土)

チェンマイ大学歴史学科准教授で日本研究センター所長のアタチャック氏が「タイ社会の現状と今後」と題して講演を行った。通訳は同センター副所長の中井先生。タイの政党政治の課題は、現在政府のサービスを受けていない人達にいかに目を向ける政治が出来るかにあり、今後5年以内に民主化が一段と進むだろうとのこと。


《第二例会》 7月17日(土)


慧燈財団の小西顧問理事が、バンガード中・高校の慰霊塔について講演。インパール作戦で犠牲になった兵士達の慰霊塔を建立した背景について講演された。7月20日には終戦65周年の慰霊祭が行われるとのこと。


《タイのセブンイレブン、店舗数は世界第3位》

タイ国内でセブンイレブンを展開するCPオール社によれば、タイ国内のセブンイレブン店舗数は現在約5500個所で、台湾を上回り世界で第3位となった。昨年の数字では1位の日本が約12000個所、2位の米国が約6000個所、台湾が約4000個所で3位だった。同社副社長は、タイではコンビニはまだ成長の余地があると言う。今後も年に約50~500店舗を開設して行く方針だ。(バンコク週報)




<<PREVIOUS

7月17日(土)定例世話人会
  1. 会員の動向:個人会員166名 法人会員8社 入会申込者1名 チェンマイ不在者29名
  2. 会報ソフトを現行の「パブリッシャー」から「ワード」に移行する。
  3. 本年度は12月の第二例会後に「忘年会」を実施する。又、2011年1月の例会は第二・第四土曜日に変更する(1月の第一土曜日が元日になる為の特別処置)。
  4. 9~11月に実施される「健康診断」への呼びかけを再度例会時に行う。
  5. 「地区連」の第一回緊急連絡の訓練を10時30分より実施。約1時間で連絡結果の集計が完了。訓練によって明らかになった若干の課題については今後検討する。






《アジア太平洋の旅行先、日本が一番》
カード大手のMCインターナシヨナルの顧客者調査によれば、アジア太平洋地域の旅行者に最も人気の高い渡航先は日本、オーストラリア、中国、香港、アメリカの順。 一方、日本の旅行者が今後半年間に海外旅行すると回答した人気の渡航先の順位はアメリカ、韓国、香港、オーストラリアと台湾、中国とイタリア、タイ、フランス、シンガポールの順。(クリップニユース)


【8月の休祭日&イベント】
・8月12日(木) 王妃誕生日(母の日)
シリキット王妃(1932年生まれ)はこの日で78才。街中が装飾され、夜になると美しくライトアップされる。

【アメージング・タイランド・グランドセール】


(6月15日~8月15日)3ヶ月に及ぶタイで最大級のグランドセール実施中。右のロゴ加盟店にて5~80%引!

《横田総領事、本国へ異動》  2007年4月に赴任されてから3年余、我々がお世話になった横田順子・在チェンマイ日本国総領事は8月6日、日本に帰国される。 8月4日の「北部日本団体協議会」と「ランナー・ジープン交流祭打ち合わせ」が最後の仕事となる。尚、後任はまだ不明。

 23日にCLL、チェンマイ日本人会など日系5団体主催の送別会を挙行し、世話人会から3名が代表して出席した。又、30日、メーピン・ホテル・グランドホールでの総領事館主催「フェアウェル・レセプション」には、幅広い分野から約300名(推定)が出席。CLLからは世話人等が招待された。チェンマイ・ランプーン両県知事、商工会議所会頭の挨拶では、数々の業績と共に、総領事の堪能なタイ語を駆使しての幅広い交友ぶりが紹介された。離任のご挨拶の後、タイの楽器「キーム」の演奏を披露され、静かで優雅な音色が会場を魅了した。会報9月号に離任のご挨拶文を掲載する予定。

《ターペー通りなどに街灯を設置》
市が古都景観改善の一環として進めているターペー通りとチャンクラン通りの電線や電話線などを全て地下に埋設し不必要になった電柱の撤去作業が始まっている。取り払った電柱に変えて新しい街灯を取り付ける事にしている。8月12日の王妃誕生日にリニユーアルオープンのセレモニーを予定している。(地元新聞)

《 ワールド・ベスト・シティーにバンコク、2位がチェンマイ》
米旅行誌「トラベル・アンド・ツア」が選ぶ2010年の「ワールド・ベスト・シティー」にバンコクが輝いた。バンコクは2008年にもワールド・ベスト・シティーに選ばれて居いる。2位は同じタイ北部の観光都市チェンマイ。3位は京都だった。(Yahoo ニュース)

《ヘルメット・アート大会でノンヘル運転追放》 
ヘルメット・アート大会が7月17日(土)午前9時から午後3時、ターペー門広場で開催された。これは、チェンマイ警察署が学生のノン・ヘルメット・バイク運転を少しでも減らそうと実施したもの。美しさ部門と創造部門にそれぞれ優勝者3.000バーツ、2位2.000バ-ツ、3位1.000バーツの奨励金が贈られた。 (地元新聞)



NEXT >   >>

Comments